うまく動作しない場合の確認 および設定方法例

@まず,本システムはインターネットエクスプローラでインターネットを閲覧できるようになっていることが前提です。
 インターネットを閲覧でき,かつデモサーバにアクセスできない場合は,以下を試してみて下さい。

Aインターネットエクスプローラの接続設定にて,プロキシサーバーが設定されているかを確認してください。
 (下図はインターネットエクスプローラ6.0の設定画面例です)

B「自動構成」の項目のどちらかにチェックが入っている場合は自動的にプロキシを使用するようになっている場合があります。
この場合は貴社のシステム部門にプロキシサーバーの使用の有無についてお問い合わせください。

「自動構成」のチェックがOFFの状態で「プロキシサーバーを使用する」になっていない場合は,設定を変更せずに動作するはずですので,
 TSC21推進協議会事務局<tsc21@serl.co.jp> までご連絡ください。

C「プロキシサーバーを使用する」になっている場合は,
 設定されている「アドレス」と「ポート」の数値を
 TSC21デモツールをインストールしたフォルダ(標準ではC:\TSC21)にある,
 「TSCcomStart.bat」をメモ帳で開いて,
 最後の行,
 java jp.co.tepco.ext.tsc.comm.ObjectManage -rootpath C:\TSC21\def

 を
 java -Dhttp.proxyHost=12.34.56.78 -Dhttp.proxyPort=90 -Dhttp.noProxyHosts="localhost" jp.co.tepco.ext.tsc.comm.ObjectManage -rootpath C:\TSC21\def

 に変更して上書き保存し,「4.TSC/comの起動」で起動したウィンドウを閉じて,再度「TSC/comの起動」をしてください。

Dプロキシサーバーの種類によってはこれでも動作しない場合があるようです。これでも動作しない場合は貴社のシステム部門にご相談ください。