Home > 終了したイベント > 第1回ネーミングツール説明会

TSC21第1回ネーミングツール説明会

2007年11月22日(木)に、TSC21推進協議会会員の皆さまご要望にお答えして、TSC21ネーミングコードの自動生成プログラムについての説明会を開催しました。

開催日時 2007年11月22日(木) 15:00〜16:30
会場 東京電力株式会社 本店新別館21階 2105A会議室
主催 TSC21推進協議会
プログラム

※所属等は開催当時のものです

1.ネーミングツール配布とセットアップ
2.ネーミングツール説明、質疑応答
東洋熱工業株式会社 技術統轄本部技術研究所 村澤 達

開催日時質問・提案・要望:
 
■名称が重複している時にアラートが欲しい。
■コアデータから機器名称を逆引きしたい。
■違うデータでコアデータ名称が同じものがある(ex.風量)ので区別した方が良い。
■想定できていない名前、分類を手入力できるか?
→可能である。
■制御情報、評価なども割り宛てられたら便利ではないか?
→少ないが、可能なものもある。
■解析には便利であるが、設計では利用しづらい可能性がある。
■設計や現状のユニークなコードは尊重し、それとは別に共通ルールとしてのコードがあると便利なので利用したい。
■解析には便利であるが、設計では利用しづらい可能性がある。
■ポイントリストのユニークなコードを一発変換できると便利ではないか?
■前のシートに戻った場合に、全てやり直さなければいけないのは不便である。

↑このページの先頭に戻る